--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.29
Tue
三木谷社長
謝罪
J2降格が決まっている神戸の三木谷浩史社長(40)が、サポーターの前で涙の謝罪を行った。ホーム最終戦の広島戦を観戦。試合は今季を象徴するように後半ロスタイムの失点で2-3で逆転負け。これで年間最下位も確定した。三木谷社長は試合後のセレモニーで「すべては私の不徳の致すところ。すべての責任は私にある」とサポーターに謝罪。涙を流して、1年でのJ1復帰を誓った。

※ヴィッセル神戸と東京ヴェルディ1969がJ2に降格という残念な結果に終わってしまいました!ヴィッセル神戸は、毎シーズン降格ラインギリギリのところで、もちこたえていたのですが、あの強かった東京ヴェルディが何故と言いたくなってしまいます!東京ヴェルディと言えば、柱谷、ラモス、カズ、武田、ビスマルク、ペレイラ、菊池などがいた黄金時代を知っている私としてみれば、想像もしなかった結果に終わってしまいました。
人気ブログランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします!!

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
11.28
Mon
カズ
カズ、移籍後初ゴール=2得点の活躍豪サッカー20005年11月27日

サッカーのオーストラリアAリーグ、シドニーFCに期限付き移籍した元日本代表のFW三浦知良は27日、アデレードで移籍3試合目のアデレード戦にフル出場し、初ゴールを含む2得点を挙げた。シドニーは2-3で競り負けた。
三浦知は2点を追う前半33分、カウンター攻撃で主将のヨークから絶妙な縦パスを受け、左足でシュート。ボールは相手GKの脇を抜け、ゴール右に決まった。後半31分にもペトロフスキからパスを受け、一時は同点となる2点目を入れた。 
三浦知はJリーグ2部(J2)横浜Cから移籍し、今月8日にシドニー入り。3試合連続出場で、この日は2試合連続で先発した。

※カズさんがやってくれました!おそらくオーストラリアAリーグでの日本人選手初ゴールではないでしょうか!日本サッカー界のパイオニアとして君臨してきたキングカズ、老体にムチを打って頑張り続けているカズさんの姿に、改めて感動しました。

人気ブログランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします!!



comment 0 trackback 2
11.27
Sun
音楽は心を癒してくれる優しさがあり、五感が刺激され、心のもっとも深いところが揺れ動かされます(明日を生きるパワーをくれます!)。

人生は実行であり現実です。やはり重要なのは社会にどう貢献できるとか、自分のやっていることにやりがいを感じられるかどうかではないでしょうか。

結局、成功している人というのは、やっている中身に関心と情熱を持っていて、モチベーションというのもその中味から出てきているんです。人間は知と行(行為、実践)だけではだめです。そこにはけして誰にも負けないという信念が必要だという事です。人生は貴方が思うほど悪くない、物事を悲観してしまうと希望が持てなくなり、気持ちが暗くなってしまいます。

悲観してしまうのは、「自分の考え方の癖のせい」または「落ち込んでいる気分のせい」かもしれません。もし成功に秘訣があるとしたら他人の立場を理解し、他人の立場から物事をみる能力を,もつことなのではないでしょうか。

comment 0 trackback 0
11.26
Sat
はやぶさ
「はやぶさ(MUSES-C)」は、小惑星探査を目的に開発された探査機です。小惑星とは、太陽系の太陽および9つの惑星とそれぞれの衛星以外に存在している小さな星を指します。「はやぶさ」が探査するのは、地球の軌道と似た軌道を持ち、日本のロケット開発の父である故糸川英夫博士にちなんで「ITOKAWA(イトカワ)」と名付けられた小惑星です。小惑星までイオンエンジンを使った飛行を行い、自律的に小惑星に近づき、その表面から、物質のサンプルを持ち帰ることを目的にしています。
 
これまで人類がサンプルを持ち帰った天体は月だけですが、月は変成してしまったため、太陽系初期のころの物質について知ることができません。小惑星は惑星が誕生するころの記録を比較的よくとどめている化石のような天体で、この小惑星からサンプルを持ち帰る技術(サンプル・リターン)が確立されれば、「惑星を作るもとになった材料がどんなものか」「惑星が誕生するころの太陽系星雲内の様子はどうか」についての手がかりが得られるのです。また地球上でサンプルの分析が行えるため、回収される量が少量であってもその科学的意義は極めて大きいといえます。

2003(平成15)年5月9日に打ち上げられた「はやぶさ」は現在、目標の「ITOKAWA」に到着し、科学観測を実行しています。
人気ブログランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします!!

comment 0 trackback 0
11.25
Fri
世界体操
11月24日(木)
体操の第38回世界選手権は第3日の24日、メルボルンで男子個人総合決勝が行われ、冨田洋之が優勝し、水鳥寿思(25)も2位に入った。日本人選手が個人総合チャンピオンになるのは、笠松茂以来31年ぶり3人目。日本選手が1、2位となるのは、70年大会で優勝の監物永三ら3人がメダルを独占して以来となった。
※僕の世代は1984年ロサンゼルスオリンピックの具志堅幸司、森末慎二、・・・新聞の記事を見てあの当時の思いが蘇ってきました。具志堅さんは個人総合優勝、森末さんは鉄棒で10点満点を連発して金。最近は全然体操のほうは見ていないのですが、日本のお家芸復活ですね!人気ブログランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします!!
comment 0 trackback 1

 New Favorite blog Entries 最新記事 37サイト掲載中

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。