--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.30
Sun



「小麦粉は水分が少なく、常温保存であればほとんどカビは生えません。冷蔵庫に入れたことで結露が発生し、水分が原因でカビが発生したと思われます」

「実は、カビの種類は、1万3000種以上といわれています。納豆や味噌でおなじみの“麹”のように、食べても問題ないカビは多く、むしろ人体に有害なカビは1%未満なのです。とはいえ、毒を出すカビが付くこともあるため、なるべく口に入れないに越したことはありません。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
06.26
Wed


comment 0 trackback 0
06.24
Mon


comment 0 trackback 0
06.24
Mon



2013年6月1日、参考消息網は記事「米メディア:中国、世界最大の“電子ゴミのゴミ箱”に」を掲載した。

5月30日、米CNNは「全世界の電子ゴミのゴミ箱」と題した報道を放送した。テレビ、冷蔵庫、エアコン、パソコン……全世界の電子ゴミの70%は最終的に中国にたどり着くという。電子ゴミの海外移転は国連が禁じているため、多くは違法な手段で中国に持ち込まれる。

中国の中でも電子ゴミの集積場として知られるのが広東省汕頭市の貴嶼鎮だ。電子ゴミからさまざまな資源を回収するリサイクルを産業とするこの街だが、その手法は環境や安全に配慮したものではない。現場を訪れれば鼻をつく刺激臭を誰しも感じる。同地に住む子どもの血液からは平均値を大きく超えた鉛が検出されている。脳や神経の発育に影響するレベルだという。

中国も今では海外からのゴミ輸入を規制する方針を明確にしているが、国連は中国国内で生み出された電子ゴミの数量も急速に増えつつあると警告している。問題を解決するためには製造時点で有毒な化学物質の使用量を減らすしかない。


comment 0 trackback 0
06.24
Mon


comment 0 trackback 0

 New Favorite blog Entries 最新記事 37サイト掲載中

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。