--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.10
Wed
・文字のカスタマイズ


■ フォントを強調させる



前回は、文字を自分好みのフォントに変える方法を学びました。
今回は、フォントを強調させる方法について学んでいきましょう。


文字を強調するときはemタグを使い、さらに強調したいときはstrongタグを使用します。


1.強調(太文字) <strong>~</strong>
より強調を意味する<strong>太い文字</strong> になります。


より強調を意味する太い文字 になります。


説明
ブラウザでの表示のされ方は<B>と同じですが、<strong>タグの方がより強い強調を表します。ただし<strong>タグを乱用すると「SEOスパム」と見なされ逆効果です。<strong>タグは1ページ内に3つまでがよいとされています。キーワードを強調させることにより検索エンジンに拾われる確立が高くなります。





一般的なブラウザでは、強調された部分が斜体、または太字で表示されます。


2.強調(斜体) <em>~</em>
<em>Googleなどの検索エンジンに重要視されるタグです。</em>


Googleなどの検索エンジンに重要視されるタグです。



3.addressタグで囲まれた内容には、そのページの作者情報(メールアドレス等)や更新日などを記述します。一般的には、ページの最後で使用されることが多いようです。

強調(斜体)アドレスタグ <address>~</address>
<address>みんタグ@メールアドレス</address>


みんタグ@メールアドレス





4.sタグ、またはstrikeタグで、文字に抹消線を引くことができます。


取り消し線 <s>~</s>
昔書いた文章の<s>訂正</s>などに使うといいですね。

昔書いた文章の訂正などに使うといいですね。。



取り消し線 <strike>~</strike>
こちらも<strike>同じ効果</strike>になります。

こちらも同じ効果になります。



5.delタグで、それが抹消された部分であることを明示することができます。

取り消し線(削除文) <del>~</del>
こちらは文章を<del>削除</del>する意味を含むタグです。


こちらは文章を抹消する意味を含むタグです。


6.H1~H6タグ<H1>~<H6>のHとはHeadingの略で、見出しを意味します。 <H1>が最上位の見出し(大見出し)で、以下数字が小さくなるにつれて下位の見出し(小見出し)となります。


H1 アフィリエイト専門店

<H1>H1</H1>

H2 アフィリエイト専門店で使用不可

<H2>H2</H2>

H3 アフィリエイト専門店で使用不可

<H3>H3</H3>

H4 アフィリエイト専門店

<H4>H4</H4>
H5 アフィリエイト専門店
<H5>H5</H5>
H6 アフィリエイト専門店
<H6>H6</H6>



Home
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://oyedihawakisi.blog37.fc2.com/tb.php/169-fec2f3dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

 New Favorite blog Entries 最新記事 37サイト掲載中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。