--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.06
Fri
(Unknownさん)2012-07-06 08:49:59

私は癌専門のクリニックで働いていました。
よく、お金が無い方が不幸せだとか、早死にしても仕方ないとかいう人がいますが、
本当にそのようになった若い人や子供を想像する頃が出来るのでしょうか?
私の友人も若くして癌で亡くなりました。
多くの病死はそう簡単にやってこないのです。
苦しんで悶えて、痛み止めもだんだん効かなくなって、見た目も全く違うのです。
命を簡単にあきらめないでほしいのです。
戦争などで死を迎えるのとは違います。
避難して、政治を変えていけば良いのです。
多分もうこれから現代のような煌びやかな世界では無くなります。
避難しても避難しなくてもです。
だけど、身体が元気ならそれだけでやり直せます。
若年層の癌死は本当に見ていられないです。
幼い子供を残しての死。その耐えがたい苦しみをわが子にも見せなければいけない。
まして子どもの苦しみなんてもっと悲惨です。
モルモットになって世界に見せる必要はないのです。
ここから変えていきましょう。
まず、避難して行動することです。
祈っているだけでも駄目です。
祈ったら自らも行動に起こさないと。
私は関東から避難しました。
アレルギー体質だったので、しばらく原因不明の子宮の痛みや歯茎の出血が続きました。
友人は不正出血で貧血だと言っています。
それでも避難したら良くなりました。
避難した先の人達はほとんどが無関心で驚きましたが、ここで伝えていく事を続けようと思います。

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://oyedihawakisi.blog37.fc2.com/tb.php/2178-c7428859
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

 New Favorite blog Entries 最新記事 37サイト掲載中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。