--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.14
Mon
抗がん剤の多くは毒物です。ですが配分や配合、分量などの微妙な調節でがん治療に使われています。抗がん剤は全く効かない!?それどころか抗がん剤には猛烈な発がん物質が含まれています。


ソース News ポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20121228_162616.html


 医師が内藤氏に勧めたのは、根治は目指せないが、「がんをうんと小さくして共存する」放射線化学療法だった。

 アリスの名曲『チャンピオン』のモデルでもある彼は、治療にもボクシングスタイルで果敢に挑んだ。放射線治療で喉が焼けただれ、唾液を分泌する部分も焼かれたが、体力維持のために痛みをおして間食を続けた。25回に及ぶ放射線照射に耐え、がんは4分の1以下に縮小された。退院後8か月で「E&Jカシアス・ボクシングジム」を開設。がんの告知から、ちょうど1年。恩師の命日に夢を叶えた。

「余命3か月といわれたのが、8年生きている。退院後3年くらいまでは抗がん剤が処方されていましたが、実はほとんど飲んでいません。人間の免疫力は捨てたものじゃないですよ。




関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://oyedihawakisi.blog37.fc2.com/tb.php/2576-69a10266
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

 New Favorite blog Entries 最新記事 37サイト掲載中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。